株式会社ウチダケ
9:00~18:00
水曜日
2019年10月31日
ウチダケ式賃貸経営のコツ

「賃貸不動産経営管理士」のいるお店とは!?

不動産関係の資格というと、「宅地建物取引士(通称:宅建)」が有名ですが、賃貸管理の専門家の「賃貸不動産経営管理士」も最近では注目されてきています。

今回は「賃貸不動産経営管理士」についてご説明いたします。

賃貸経営管理士とは。

「賃貸不動産経営管理士」をご存知ですか?

「賃貸不動産経営管理士」とは賃貸不動産の管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家のことです。

 

賃貸不動産管理士のホームページはこちら

https://www.chintaikanrishi.jp/

 

1年に1度、11月に試験のある民間資格ですが、国家資格化される可能性もあるらしく、年々受験者数も増えて来ているそうです。

 

「賃貸不動産経営管理士」を取得するメリット

「賃貸不動産経営管理士」を取得すると、賃貸管理に関することが学べます。

 

□賃貸経営に関する法律やルールや知識

・管理受託方式に関すること

・入居者募集

・賃貸借契約

・入居中の管理業務

・原状回復の国土交通省のガイドライン

□建物や設備の知識

□防火・消防の知識

□相続・税金の知識

等、不動産の賃貸管理業務に関することを一通り学ぶことが出来ます。

 

賃貸オーナー様が取得(勉強)すると、賃貸経営に必要な知識(建物管理・空室対策・節税対策)を学ぶことが出来ます。

また資格を取得すると、住宅宿泊事業法(民泊新法)での住宅宿泊管理業者に個人で登録することが出来るようになります。

 

「賃貸不動産経営管理士」のいる不動産業者

私が資格を取得(勉強)した時に感じたのは、建物や設備の知識が格段に増えたなということでした。

不動産業者は、賃貸に関する法律やガイドライン、税金については勉強することが多いのですが、建物や設備の知識はなかなか勉強する機会があまりありません。

 

「賃貸不動産経営管理士」は、建物や設備を勉強をしているので「いつくらいに外壁塗装をしないといけない?」とか「いつくらいにメンテナンスが必要になりそう?」とかが分かり、効果的な長期計画が立てられます。

また、賃貸管理のルールや国土交通省のガイドラインに精通しているので、入居者様とのトラブル対応やクレーム処理もスムーズに行ってくれる可能性も高いです。

 

賃貸経営でお悩みのオーナー様は、一度「賃貸不動産経営管理士」のいる不動産業者さんに相談してみてはいかがでしょうか?

 

相談するだけでなく、オーナー様自身が実際に取得(勉強)してみるのもオススメですよ!

 

 

この記事を書いた人
内田 圭亮 ウチダ ケイスケ
内田 圭亮
代表の内田です。今までの常識にとらわれない「空室対策・不動産活用法」をご提案し、「満室経営+収益の向上」のお手伝いを致します。賃貸オーナー様、大工さんや各種パートナーの業者様のご協力もあり、多くの「満室経営+収益の向上」で実績を上げることが出来ております。空室や不動産活用でお困りの賃貸オーナー様、お気軽にご相談ください。
arrow_upward