株式会社ウチダケ
9:00~18:00
水曜日
2019年10月14日
ウチダケ式賃貸経営のコツ

「あれ!?電気が付かない!」空室の理由は案内時に電気が付かないから!?

不動産会社の営業マンが物件を案内する際、カギを開けたらまず最初にする事。

それは、「ブレーカーをあげて電気をつけること」です。

ただ、中にはブレーカーをあげても電気の付かないお部屋もあります。電気会社がメーターを外していたり、線を切ってたりするケースです。

電気が付かないと、お部屋自体が暗い印象になってしまい、成約率が下がってしまいます。

空室期間が長いお部屋は要注意!九州電力が線を切るケースも。

「1年空室で困っていて、、、」

今年の5月にご相談に来られたオーナー様のお部屋も、九州電力にブレーカーの線を切られていました。

お部屋を調査に行きましたが、電気が付きません。

私「電気の契約をしましょう!」

それから1ヶ月後、このお部屋に申込みが入りました。募集条件は今までと一緒です。

 

電気が付く部屋と付かない部屋では、お部屋のイメージが大きく変わります。

特に清潔感が求められる水回り(お風呂やトイレ)は電気がないと真っ暗ということが多く、真っ暗=清潔感なし というイメージをもたれてしまいます。

 

契約が無い部屋で電気のメーターが動く(電気を使用する)と、九州電力は線を切ってしまいます。

空室が長くなってしまった、、、というオーナー様は、空室に電気が来ているか一度確認してみましょう!

 

この記事を書いた人
内田 圭亮 ウチダ ケイスケ
内田 圭亮
代表の内田です。今までの常識にとらわれない「空室対策・不動産活用法」をご提案し、「満室経営+収益の向上」のお手伝いを致します。賃貸オーナー様、大工さんや各種パートナーの業者様のご協力もあり、多くの「満室経営+収益の向上」で実績を上げることが出来ております。空室や不動産活用でお困りの賃貸オーナー様、お気軽にご相談ください。
arrow_upward