株式会社ウチダケ
9:00~18:00
水曜日
2019年10月23日
失敗しないお部屋探し

初期費用が安い〇〇キャンペーンで得する人損する人。鹿児島市編

お部屋を借りるにはまとまったお金が必要です。

ところがCMやインターネットサイトでは、「初期費用○○円キャンペーン」とか「○○円で入居出来ちゃいます!」とか初期費用が激安のキャンペーンを行っている物件もあります。

キャンペーン物件など初期費用が安い物件には注意点があり、キャンペーンを使った為に損するケースもあるので注意が必要だという事はあまり知られていません。。

初期費用の安い物件を選ぶと得す人、損する人について説明いたします。

 

キャンペーン物件のメリットとは

初期費用が安いキャンペーンの最大のメリットは、ずばり「あまりお金をかけずお部屋の契約が出来ること!」。

通常、お部屋を借りるときは家賃の3ヶ月~5ヶ月分の費用が必要ですが、キャンペーンを使えば家賃の1ヶ月分で入居できたり5万円ぽっきりで入居出来たり、今は初期費用0円で入居できる物件も出てきています。

初期費用を抑えたい方にはとてもメリットのあるキャンペーンですが、メリットは入居時にお金がかからないという事だけです。

キャンペーン物件を検討されている方は、デメリットもしっかりと把握しましょう。

 

キャンペーン物件のデメリットとは

①短期違約金が高額になるケースが多い

鹿児島では、契約日から1年未満に退去したら家賃1ヶ月分の違約金を支払う契約が一般的です。

それがキャンペーン物件の契約内容は、1年未満→2年未満になったり、家賃1ヶ月→2ヶ月や3ヶ月になったりすることがあります。

初期費用が安くなった分を大家さんが負担しているケースが多い為、「初期費用を負担するから永く入居してね!、早く出る時は負担した分支払ってね!」という意味合いで違約金が高額に設定することが多いのです。

 

②毎月の支払いが高額になるケースがある

初期費用を安くする為に、家賃保証料や家財保険料を月々に分割してあるケースがあります。

分割にすると一括で支払うより割高になることもあるので注意が必要です。

また、月々の料金が必要な安心サポートの加入をキャンペーン適用の条件にしていることもあり、通常契約よりも毎月の支払いが高額になることがあります。

 

③退去時にお掃除代、原状回復費用を支払う必要があります。

初期費用が安いキャンペーンでは、敷金ゼロの契約がほとんどです。退去時はハウスクリーニング代と原状回復費用を支払う必要があります。

 

※キャンペーンの内容によって異なるので、すべてのキャンペーンに当てはまらないこともあります。しっかりと確認しましょう。

 

キャンペーン物件で得する人損する人とは、、、

「キャンペーン物件で得する人」はどんな人でしょうか?

2年間は住み続けられる人(短期で解約する可能性が少ない人)!、最初は費用を抑えたいけど後からの出費には対応出来る人!です。

また、人気物件はキャンペーン物件になることが少ない(キャンペーンをしなくても決まる)ので、お部屋にこだわりが少ない人!にも良いかもしれません。

逆に、短期で解約する可能性がある人!や入居後の費用を抑えたい人!には向かない可能性が高いです。

 

安く入居できたけど、退去時にお金がかかり結果的に高くついた、、、なんてことがないように気を付けて、自分に合ったお部屋探しをしてください!

 

※お部屋を借りる際の初期費用の記事はこちら

https://uchidake.co.jp/contents/104

arrow_upward