株式会社ウチダケ
9:00~18:00
水曜日
2019年10月01日
ウチダケ式賃貸経営のコツ

空室対策をする前にやるべき事 鹿児島市編

空室が気になり、「何か空室対策をしよう!」と思ったオーナー様。

ちょっと待ってください。実は空室対策を考える前にやるべき事があります。

空室で悩む賃貸オーナーからのご相談が年々増えてきています。

鹿児島市も近年、たくさん新築マンション・アパートの建設がありました。

人口(需要)は増えていないのに賃貸物件数(供給)が過剰に増えている事で空室で悩む賃貸オーナー様が増えております。

実際、鹿児島県のアパートの空室は33%!(3部屋に1部屋は空室)マンションは12%8部屋に1部屋が空室)となっているようです。…南日本新聞2017.2.10より

待っていてもはなかなか空室が決まらない時代となってきました。

満室経営の為には、何か空室対策をしなければと思っている賃貸オーナー様も多いのではないでしょうか!?

ご存知の方も多いと思いますが、空室対策にはいろいろなものがあります。

・家賃や敷金を下げる条件変更系

・部屋をリフォームやリノベーションするリフォーム系

・インターネット無料マンションや家電家具付きマンションにする設備投資系

などいろいろあります。

最近ではモデルルーム化するお部屋も出てきました。

 

いろいろな空室対策がありますが、最初にやるべきことがあります。

 

それは・・・

「空室になっている原因を探る事!!」です。 「あなたの空室の原因は何ですか??

 

あなたの空室の原因が、「家賃が相場より高い」だったり「設備が古い」だったりすることはよくあることです。

ところが、空室の原因が「物件とは関係ないこと」であることも少なくありません。

□そもそも入居者募集がされていない

□インターネットに掲載されていない

といったミスで空室が決まっていないことも、、、



空室対策をしようと思ったら、まずはじっくり考えてみましょう。

あなたの空室の原因は何ですか?

 

この記事を書いた人
内田 圭亮 ウチダ ケイスケ
内田 圭亮
代表の内田です。今までの常識にとらわれない「空室対策・不動産活用法」をご提案し、「満室経営+収益の向上」のお手伝いを致します。賃貸オーナー様、大工さんや各種パートナーの業者様のご協力もあり、多くの「満室経営+収益の向上」で実績を上げることが出来ております。空室や不動産活用でお困りの賃貸オーナー様、お気軽にご相談ください。
arrow_upward